質問と回答

硬い地面をマルチングする方法

硬い地面をマルチングする方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アドバイスしてください、私は花で小さな庭を植えました。しかし、私たちには硬い土(ローム)があります。マルチをする必要があると読みました。どこから始めればマルチの作り方がわかりません。

回答:

刈られた草をマルチングすることは非常に良いです、それはすでに使用の準備ができています。おがくずや松くずが可能です。

マルチは慎重に扱われなければならず、植物に害を及ぼす可能性があります。層は大きくなく、よく乾燥させてください。雨が降った場合、腐らないように攪拌する必要があります。層を置き、乾燥させます。乾いたら、もう少し置くことができます。ごみは土壌を酸性化するので、イチゴやアジサイには適しています。

また、刈られた乾いた草でマルチングされたローム。腐ることはありません。散水と雨が降った後、それは絶対に絶対にかき混ぜて乾かすことはありません。昨年の秋(冬の前)に、すべての花壇は新鮮なおがくず(約3〜4 cmの層)で眠りに落ち、春にはきれいになりませんでした。すべてが成長し、完璧に咲きます。徐々に、わずかにゆるみ、t、to、地殻が現れ、おがくずが地面と混ざり、ゆるんだ。

これはあなたのキャップの下に誰ですか?キャベツ?

いやこれらは秋のバラです。去年の秋とこの春に一つの花園を見せました。今、ビオラの大暴れがあり、バラが色づいています。

クリア

温暖化した地球のみをマルチングします。そしてrasploryvatのみ。だまされた。マルチ。ヘイ。ストロー。草。おがくずは新鮮ではありません。針葉樹の針。種の殻。一般に、ワームが処理できることはすべて実行できます。そして、それは植物に害を与えません。例えば、新鮮なおがくず。おがくずは成熟していなければなりません。暗く。

黒の不織布を忘れた

みんなに感謝します、注意してください。

そして、風除けのように、温められた花壇は好きではありません。パッケージのもろさや庭の土に泥炭を加えます。ベッド用、はい、花壇用-いいえ。私の意見は主観的かもしれませんが、花は私にとってすべてのものであり、すべてがそこに美しくなければならず、草に圧倒されるべきではありません。それが表現されていない場合は申し訳ありません。

3年目は新鮮なおがくずで、すべてが順調です!掘削にはお勧めしません。窒素は引き抜かれます。私は新鮮なものを掘りましたが、違いはわかりませんでした。そして、私は新鮮な草でマルチングします、私は乾かしません、すべても大丈夫です!多くの人は新鮮なおがくずや切りたての草を「恐れ」ていますが、無駄になっています!自分のサイトで確認済み!主なことは、あなたの頭ですべてをすることです。

泥炭は急速に乾燥し、水やりに苦しみます。私は一度試してみましたが、この考えを永遠に捨てました。暑さの中、根の過熱も進みます。しかし、おがくずと草が最良の選択肢です。そして、水分は長期間保存されます。

たぶん。おがくずは使いません。はい、新鮮な草を刈ります。それから。それはどの種類の木に依存します。夫はfireを見ました。草はどこで黄色になりましたか。

私たちはどのようなアーチについて話しているのですか?アヘン?天気予報ツリー!?申し訳ありませんが、私はあなたのフランス語をよく理解していませんでした。何言ってるんだ!?

私の中国語のようにひどい。電話から書いています。編集されたKoment。電話はためらいました。修正

上は私の花壇の写真です。製材所から新鮮なおがくず。針葉樹(彼らは長老たちの「死」だと言っている)だと思う。ご覧のとおり、緑の花。チューリップは、昨年の切り替えられていないおがくずと比較して、著しく色あせています。今、ヴィオラはその場所にカーペットが敷かれています。地面から色あせて散らばって集めた種。それから彼女は花壇をおがくずで満たすことにしました(8月末)。今でも私は土の違いを見ています。それはずっと緩やかになりました(粘土があり、スコップで穴を開けることができませんでした。おがくずは、ほぐすと徐々に地球と混ざります。結果に満足しています。今年、私は製材所に立ち止まりません。車は常に眼下にあります。

トマトに追加します。きゅうりP.製材所は近くにありません。うさぎがいます。寝具のマルチング:-)。

マルチングするのに十分ではありませんでした。彼女はトマトとキュウリを草と干し草で覆った。彼女はイチゴをおがくずで覆い、秋からトマトのきゅうりの下で新鮮なおがくずでベッドを掘りました。

今年は、「干し草のコート」の下にきゅうりをスポイトで入れます

私はウサギの同じベッドにすべてを持っています:-)。肥料ではなく金。それ以降の地球はもろい。そして、試すべきおがくずはそれほど多くありません。誰が便利ですか🙂

私は冬の間ずっと国内のウサギから中古のおがくずを集めました。バッグの中、そしてガレージの中。追加された苗のために購入した土壌でさえ。実際、ウサギの排泄物は「金」です。