助言

ワスレナグサ品種の説明と栽培高山、植栽と手入れ

ワスレナグサ品種の説明と栽培高山、植栽と手入れ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

繊細なワスレナグサの花は世界中で知られています。各国には、この植物に関連する独自の伝説と魔法の物語があります。装飾的なカーペットや忘れな草の花壇は、公園、広場、庭園にあります。

初期の園芸作物は常に目を楽しませ、高揚させます。高山の花の栽培者や庭師が忘れな草を愛するのはこのためです。

花の生物学的特徴

自然環境の中で、アルパインのワスレナグサはコーカサス山脈、アルプス、カルパティア山脈に見られます。自然界では高山の美しさは石の多い土壌や岩の上で育たなければならないので、植物は光を愛し、土壌の組成に気取らないです。

この植物品種は、装飾的な文化品種を育種するための基礎として採用されています。

それはどのように見えますか

大きな緑銀の葉を持つ5〜15cmの小さな草本の茂み。花序は密集していて、明るい青色の花で開く複数のつぼみがあります。花の最大サイズは1cmで5枚の花びらです。品種に応じて、白、ピンク、紫の花があります。栄養繁殖期の後、種子が位置する植物に果実が形成されます。

忘れてはいけないとき

ワスレナグサの開花期間は40日から50日です。期間は4月に始まり、6月まで続きます。したがって、植物を植えるときは、花壇の開花レシーバーの世話をする必要があります。

それは何年成長していますか?

ワスレナグサは多年生の顕花植物を指しますが、庭や個人的な区画の条件では、文化は2〜3年ごとに交換されます。 2年間の開花期間の後、植物は徐々に退化し始めます。茂みは高くなり、活発な開花は徐々に消えていきます。

ランドスケープデザインとフローリストリーへの応用

花屋やランドスケープデザイナーは、アルプスの美しさを利用して、ユニークな庭のベッドや構図を作成することがよくあります。ワスレナグサは、チューリップ、水仙、デイジー、パンジーで花壇を完璧に補完します。

庭や私有地には、ワスレナグサと高山の組成物で作られた装飾的なカーペットがあります。また、縁石やアーバーに沿って青い花が植えられています。

成長と開花の条件

ワスレナグサは完全に気取らない植物なので、花を育てるのに特別な知識やスキルは必要ありません。

適切な成長と発達のための唯一の条件は、土壌と空気の中の適度な水分です。

気候条件

ノハラワスレは山の花なので、気温の変化に強い植物です。春の寒さや霜は彼女にとってひどいものではありません。

園芸条件では、花が植えられる場所は十分に換気され、照明されている必要があります。南部地域では、花は特に茂みや背の高い草で覆われています。

サイトの照明

花は日陰のある明るい場所に植えられます。直射日光により開花期間が短くなり、濃い青色が薄くなります。美しい茂みを保存するために、背の高い広がりのある植物が、日陰を作る忘れな草の隣に植えられています。これらは装飾的なシダ、茂み、または背の高い花である可能性があります。

土壌組成

ワスレナグサは気取らない花ですが、それらの土壌は次の要件を満たしている必要があります。

  1. 肥料や養分で飽和した土壌は花には適していません。肥沃な土壌では、ワスレナグサは活発に成長・発達しますが、開花はほとんどありません。
  2. 敷地内に地下水や土壌水が近くにあると、植物が傷つき、枯れてしまいます。そのような場合、花壇は地面から15〜20cm高くなります。
  3. 植物は砂質土壌では快適ではありません。

重要!アルパインワスレナグサは、適度な栄養分と水分を含む土壌に植えられています。

文化の再生産

庭の区画の花の数を増やすために、それらは乗算されます。新しく、強く、健康な植物を手に入れるにはいくつかの方法があります。

挿し木

成虫の茂みでは、上部の突起の4〜5cmが切り取られます。切り取った挿し木はすぐにオープングラウンドに植えられ、フィルムまたはジャーで覆われます。植物はすぐに根を下ろし、同じ季節にすでに開花期に入ります。初年度は開花が悪く、短いです。

茂みを分割する

適切な注意を払うと、花は急速に成長して成長するので、ワスレナグサの茂みは分割されて植えられます。茂みを分割するプロセスは、植物の成長期のいつでも実行されます。花の根茎は密ではなく、茂みは簡単に分離されます。

シード

種子は、夏の真ん中に、事前に準備された花壇のオープングラウンドに植えられます。これを行うには、種子が配置されている深さ2cm以下の地面に穴を掘ります。

植栽材の穴を埋めて、小さな穴のあるじょうろから水をやります。

12〜14日後、最初の芽が現れ、その後、植物はフィルムの下から取り除かれます。冬は花壇がマルチングされ、春は恒久的な成長場所に植えられます。

重要!高山の花の種子の特徴は、黒く光沢のある色です。一年生植物を育てるために、灰色と茶色がかった種子が植えられています。

サイトに植物を植える方法

ワスレナグサを野外に植えることに特に問題はありません。経験の浅い庭師や花屋がそのような仕事に対処します。

まず、どの着陸方法を使用するかを決める必要があります。

下船場所の選択

高山のワスレナグサは、日当たりの良い牧草地や花壇で開花することで長い間喜ばれません。極端な暑さと干ばつでは、植物は背が高く広大な隣人によって日陰になります。花壇が直射日光に当たっている場合、開花期間は短くなります。

栽培用の土壌は中性に適しており、肥料や包帯の含有量は少ないです。

最適なタイミング

オープングラウンドで花を植えるタイミングは、植物の繁殖に使用される植栽材料の種類によって異なります。

夏の真ん中に種を蒔き、挿し木の直後に露地に挿し木を植え、秋には花の苗を収穫します。

苗を蒔く

春の初めに咲く庭を手に入れることは、すべての庭師と花屋の夢です。咲き誇るワスレナグサは4月に野外に植える準備が整い、秋から苗木を育て始めます。

花の種は、芝生の土と砂が入った準備された容器に植えられます。種材は土の表面に注意深く置き、土で少し覆います。花の入った容器はスプレーで湿らせ、最初の芽が現れるまでホイルまたはガラスで覆います。その後、植物は別々の鉢に植えられ、春まで涼しい場所に移されます。

オープングラウンドでの着陸

彼らは春の半ばにオープングラウンドで苗を植え始めます。そして、花壇の準備は秋に行われます。よく緩んだ土壌に有機肥料やミネラル肥料を加え、春には泥炭や腐植土を加えます。

ワスレナグサ

庭の花は世話をする必要はありませんが、栽培植物を育てるときは厳密に守られる農業技術の規則があります。

水やり

春になると、花は水を与えられず、十分な水分があり、雪が溶けた後も土壌に残ります。アルパインガーデンのワスレナグサは過剰な水分に敏感であるため、植物は暑い日と干ばつ時にのみ水を与えられます。

トップドレッシング

庭の花は、追加の給餌について気難しいものではありません。土壌に十分な栄養素やミネラルがない場合に実行されます。

開花前の2〜3週間は、ミネラル肥料を使用します。残りの栄養素は、植物を植えるときに土壌に導入されます。

受精

秋には有機肥料と腐植土が土壌に加えられます。春になると、ワスレナグサの花壇にミネラル肥料が施用されます。

開花後のお手入れ方法

開花期間の終了後、植物は装飾的な特性を失います。現れる若い芽は植えられます、さもなければ、ワスレナグサはすぐに成長し、他の花の発達と成長を妨げます。

ワスレナグサの栽培に関連する害虫や病気

花の茂みは、真菌性の病気や害虫の影響を受けることはめったにありません。植物を植えるときに必要な要件が満たされ、ケアのルールに違反していなければ、病気のリスクは最小限に抑えられます。

防止

花が健康で美しく成長するために、植え付けと手入れの過程で予防措置が取られます:

  1. 植える前に、種子は抗菌薬で処理されます。
  2. 土壌の浸水を避けてください。
  3. 花の生い茂った植栽が植えられています。

重要!湿度が高いため、アルパインワスレナグサは根腐れやうどんこ病の犠牲になることがよくあります。

処理

病気や害虫から植物を保護することができなかった場合、治療のために殺菌剤に基づく特別な準備を使用する必要があります。

越冬

冬の庭のワスレナグサは地面に残されています。植物は霜に容易に耐えるので、追加の越冬作業は必要ありません。

大陸性気候の地域では、花壇は乾燥した葉やマルチで覆われています。

ワスレナグサの人気のある品種

ブリーダーの長期的な作業の過程で、いくつかの種類のガーデンアルパインワスレナグサが飼育されています。

アルパインミックス

コンパクトな茂みに咲くさまざまな色の花の組み合わせ。長くて豊富な開花により、このタイプの文化は庭や裏庭の区画を飾るために使用することができます。

森の空き地

20〜30cmの低木を持つ多年生植物。開花の活発な段階は春の終わりに起こります。色とりどりのつぼみは、白、紫、ピンクの花で咲きます。

青い多年草

花の茂みは40cmまで成長します。葉は豊かな緑の色合いを持っています。成長期には、青と青の花が密集した花序が形成されます。開花は豊富で長続きします。

ピンクの品種

15〜30 cmの茂みで、ふわふわの基部の葉と密集したクラスター状の花序があります。つぼみを開くと、ピンクと鮮やかなピンクの花が現れます。ピンクのワスレナグサの最も人気のある品種は、カーマインキングとロシルバです。

全世界のおとぎ話や伝説に参加してください。忘れな草が魔法のような花の世界へのガイドになります。


ビデオを見る: 種まきしたルピナスとネモフィラが発芽したよ忘れな草が対策しないと (1月 2023).