助言

初期のエクスプレスブドウの説明と特徴、植え付けと手入れ

初期のエクスプレスブドウの説明と特徴、植え付けと手入れ



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ブドウの品種を選択する際には、作物のさまざまな特性が考慮されます。まず、ブドウの木がよく成長し、実を結ぶ条件に注意してください。エクスプレス初期のブドウは低温によく耐え、強いブドウの木を形成し、早期に成熟します。 7月の最後の日に収穫を開始できます。

ブドウの簡単な歴史

極東のアマチュアブリーダーであるバスコフスキーA.I.の努力のおかげで、成熟期の早いワイン用ブドウが育てられました。選択はAmurskiyとRanniyMagarachの品種に基づいていました。

品種の特徴と説明

エクスプレスアーリーグレープは独特の風味と香りがあります。糖度-25-295、酸-6-9g / l。小さな紺色のベリーで形成されたクラスターの重さは250〜330gです。

VaskovskyExpressの長所と短所

育種作業のおかげで、耐霜性のブドウ品種が育てられました。

植物は最小限のケアを必要とします。

つるは病気に耐性があります。

ロシア中部で栽培されている場合、冬をカバーする必要はありません。

悪天候の季節でも品種は高収量を示します。

マイナス点のうち、その品種はデザートとは見なされないことに注意する必要があります。収穫物をワインの製造に使用することをお勧めします。

作物を育てる方法

他の作物の栽培と同様に、Expressの初期のブドウを植えるときは、特定の要件を遵守する必要があります。

いつどこに植えますか?

塩性湿地、低地、地下水の高い場所に苗を植えることはお勧めできません。最良の選択肢は、南、南西側の斜面です。

専門家の意見

ザレチニマキシムヴァレリーヴィッチ

12年の経験を持つ農学者。私たちの最高の夏の別荘の専門家。

気候が寒い地域では、土壌が10〜12℃に温まる春に苗木が植えられます。おおよその基準点は5月前半です。

着陸技術

苗を植えるには、0.7x0.7x0.6 mの大きさの穴を掘ります。石灰(1平方メートルあたり200 g)を加えることで、土壌の酸性度の増加を抑えます。肥沃な土壌は事前に施肥されています。植えるときは、苗の根を注意深くまっすぐにし、土を層状に加え、注意深く突き固めます。苗に水をやり、ピットの近くにサポートを打ち込みます。

植物の手入れのヒント

ブドウを栽培する場合、Expressは、作物の世話をするための標準的な農業技術規則を早期に順守します。

水やり

植えたてのブドウには頻繁に水をやる必要があります(降雨量にもよりますが、週に1〜2回)。成木は必要に応じて水をやります(季節ごとに2〜3回)。夏には、子房ができた後、ブドウに水をやります。

トップドレッシング

最初の2年間は苗に餌を与えることはお勧めしません。 3年目から受精が始まります。春には尿素や硝酸カリウムが使われます。開花後、カリウム、リン、木灰の混合物が導入されます。

剪定

主な手入れ手順は、ブドウの木を適時に剪定することです。初年度は150〜160cmの高さに成長した新芽をつまみ、翌年の秋には強力なブドウの木を2本残し、弱い新芽を切り取ります。品種は肥沃です-6〜8束を1つの枝に結ぶことができます。ただし、1〜2個以上残すことはお勧めしません。そうしないと、ベリーが小さくなり、崩れます。

病気、害虫および予防

ブドウ品種は病気に耐性があります。ただし、雨天時には、カビや炭疽病による被害からブドウの木を保護する必要があります。スプレーには「ストロビ」という薬を使用してください。

収集と保管

収穫は7月末に始まります。果物はワインを作るのに使われます。ベリーの種はかなり大きく熟すので、この品種はデザートに属していません。

この品種は、その本来の味、気取らないケア、耐病性のために人気があります。望楼の近くに植えられた苗木は、休憩所を美しく飾り、晴れた日に居心地の良い日陰を提供します。


ビデオを見る: 家庭でブドウ栽培 二年目樹 2年目樹で収穫を目指す シャインマスカットナガノパープルベリーA等ぶどうの家庭栽培基礎知識#36 (八月 2022).