助言

ペットボトル、ルール、機能にワインを保管することは可能ですか?

ペットボトル、ルール、機能にワインを保管することは可能ですか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

自家製ワインを作るとき、後でどこに保管するかという疑問がしばしば生じます。自家製ワインはペットボトルに保存できますか、それともガラスを使用する方が良いですか。自家製ワインを適切に保管し、できるだけ長く保存する方法。

ペットボトルでワインを作ることはできますか?

自家製ワインの準備が終わると、すぐにどこに注ぐのかという疑問が生じます。最も一般的に使用されるペットボトル。しかし、それらがこれに適しているのか、それともグラスに注ぐ方が良いのかという疑問が残ります。しかし、それはガラス容器で行う方が良いです。

長所と短所

ほとんどの場合、既製の自家製ワインはペットボトルに注がれます。ほとんどすべての家には、レモネードまたは水の空の容器があります。したがって、お金をかけて追加のコンテナを購入する必要はありません。ただし、この保存方法には長所と短所があります。

プラスチック容器を使用する利点:

  • 低価格;
  • 異なるボリューム;
  • 重量(このような容器で販売すると便利です);
  • 広さ;
  • 使いやすさ;
  • お手入れが簡単。
  • ペットボトルで発酵可能;
  • 再利用の可能性があります。

しかし、アルコールを瓶詰めするためにそのような容器を使用することには多くの不利な点があります。プラスチックを暖かい場所に置くと、マイクロプラスチックなどの有害物質が放出され始めます。これは、発酵させた場合にも起こります。 ペットボトルは使いやすく安価ですが、このような容器に入れて保管するのは危険です。 特に容器が高温にさらされる場合。

しかし、保管規則に従えば、健康に悪影響を与えることを恐れることなく、自家製のワインをプラスチックに注ぐことができます。

どのプラスチックが適していますか

自家製ワインの保管にすべての種類のプラスチックが使用されているわけではありません。水中からの容器または他の飲み物が適しています。ただし、この場合でも、コンテナを選択する必要があります。多くの場合、ペットボトルに保管されているため、アルコールはプラスチックの不快な後味を獲得し、悪臭を放ち始めます。
プラスチックを使用する際のもう1つの大きな問題は、空気やその他のガスを通過させることができることです。その結果、酸化プロセスが発生します。

コンテナがこぼれに適しているかどうかを理解するには、PETEまたはHDPEアイコンを見つける必要があります。容器にこれらのマークが付いている場合は、こぼれるのに適しています。

マーキングが異なる他のすべての種類のプラスチックは、ワインだけでなく、飲料の瓶詰めに再利用することはできません。

プラスチック容器の保管規則

自家製ワインができるだけ長く腐らないようにするには、適切に瓶詰めし、最適な保管条件を守る必要があります。
飲み物をプラスチックで保管するための規則:

  1. 以前に飲み物やその他の食品が保管されていたボトルのみを使用できます。他のボトルは使用しないでください。
  2. 飲み物をこぼす前にラベルを確認することも重要です。 PET(PETE)またはHDPEがラベルに記載されている必要があります。
  3. 飲み物を注ぐ前に、容器を石鹸で完全に洗い、乾燥させる必要があります。臭いがしないはずです。
  4. ボトルを洗浄した後、消毒する必要があります。これにはヨウ素溶液が適しています。 3〜5滴のヨウ素を水に溶かし、容器を溶液ですすいでください。次に、きれいな水ですすいでください。
  5. 蓋をヨウ素溶液に35〜50分間浸すこともお勧めします。
  6. プラスチック製のワインは定期的にチェックすることをお勧めします。不快な臭いや味がする場合は、すぐにきれいな容器に注ぐ必要があります。
  7. 飲み物は涼しい場所に直立して保管する必要があります。

ボトルの準備ができたら、ワインを注ぎ、蓋で密封します。

ワインの有効期限について知っておくべきことすべて

ワインの貯蔵寿命は、飲み物が保管されている条件に大きく依存します。プラスチックで保管する場合、保管寿命は約3ヶ月ですのでご注意ください。日光が入らない涼しい場所に容器を置く必要があります。最適な温度は+ 5- + 15度です。

飲み物をプラスチックに長く保管すると、好ましい保管条件下でも、時間の経過とともに酸化プロセスが発生し始めます。これは飲み物の味を台無しにします。人間の健康に危険なマイクロプラスチックがプラスチックから目立ち始めていることは言うまでもありません。

ガラスの瓶や瓶に保管した場合、最大の貯蔵寿命が得られます。たとえば、缶詰を丸めるときにワインの缶を丸めることができます。

プラスチックでのワインの保管時間

プラスチックの貯蔵寿命は短いです。すべての保管条件が満たされている場合でも、保管寿命は3〜5か月であり、それ以上ではありません。もちろん、長く保つこともできますが、飲み物の味はずっと良くなる可能性があります。アルコールは不快な後味を帯び、悪臭もし始めます。

ガラスを使用するのが最善です。特別なボトルを購入する必要はありません。通常の銀行はこの目的に非常に適しています。

一部のワインメーカーは、購入したワインをペットボトルに入れてガラス容器に注ぐことを推奨しています(たとえば、自家製ワインは南部の地元の人々のほぼ隅々にあります)。その後、ふたをして巻くのが一番です。しかし、他の密封されたパッケージでもかまいません。

開封後の保管量

ワインの容器を開けてからの貯蔵寿命は数ヶ月です。開封後は2ヶ月以内の保管をお勧めします。しかし、このルールはしばしば無視されます。これは特に自家製ワインに当てはまります。プラスチックはアルコール飲料を保管するのに最適な材料ではありません。最後の手段としてそれを使用してください。購入したワインは、開封後6ヶ月以内にペットボトルに入れて保管することをお勧めします。

開封後は、保管条件にさらに注意を払うことをお勧めします。太陽の下や気温の高い部屋にアルコールを放置しないでください。開封したお酒は冷蔵庫にのみ保管してください。これらの条件に従わないと、ボトルを開けた翌日に飲み物が劣化します。


ビデオを見る: Suspense: Blue Eyes. Youll Never See Me Again. Hunting Trip (八月 2022).