質問と回答

デイビッドの仏をどのように、いつトリミングするか

デイビッドの仏をどのように、いつトリミングするか


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

夏、秋、春にデビッドの仏を切り、それが成長して咲くようにする方法は?受精する方が良いですか?

回答:

Buddleya Davidは若い芽でのみ花を形成します。したがって、緑豊かな開花のために、低木は剪定が必要です。 3月(植物がまだ眠っている)の春に実施することをお勧めします。長さ約15〜20 cmの芽を切り取り、それぞれに数個の芽を残します。剪定も秋に行われます。これは、仏が中央の車線で成長する場合に特に重要です。つまり、冬の避難所が必要です。彼らは、小ぎれいなな枝またはラップで覆われた木製の箱で覆われています。

春には窒素肥料が、夏には有機肥料(木灰)、秋にはリンとカリウムを含む肥料の混合物が与えられます。散水は定期的に根の下で行われ、浸水を防ぎます。茂みは水を噴霧するのが大好きです。