助言

ブドウ品種の説明と特徴大アントニオス、栽培の歴史とルール

ブドウ品種の説明と特徴大アントニオス、栽培の歴史とルール


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ロシアで育てられた大アントニオスのブドウ品種は、国の中部と南部、および近隣の州に広まっています。この品種は、親のペアの植物の最高の品質を獲得しており、病気、ジューシーで甘い果実への耐性によって区別されます。ハイブリッド品種は特別な注意を必要とせず、高収量を示します。

ブドウ品種の説明大アントニオス

大アントニオスは中程度に熟すブドウで、熟すのに最大140日かかります。 適切に手入れされていれば、品種は安定して高収量を示します。

オリジンストーリー

テーブルの白ブドウ品種であるアンソニー・ザ・グレートは、ラディアント・キシュミッシュとタリスマンの品種を交配することによって育てられました。ブリーダーV.N.Krainovは、なんとか新しい品種を開くことができました。

ブッシュの形態

葉が密集した元気で元気なブドウの茂み。茂みの花序は両性であり、相互受粉を確実にします。房は大きく、重さは0.6〜2.5 kgで、円筒形-円錐形です。

多様性の長所と短所

大アントニオスのブドウ品種は、その多くの肯定的な品質で高く評価されています。それらのリストには次のものが含まれます。

  1. 耐霜性。茂みは、追加のシェルターなしで-23度の低温に耐えることができます。
  2. お手入れが簡単。この植物は台木との相性が良く、特別な栽培方法を使用する必要はありません。
  3. 安定した結実。定期的なメンテナンスにより、茂みは季節ごとに大量の収穫をもたらします。

品種の不利な点は、病気を防ぐために追加の処理が必要なことです。一部の夏の居住者にとってのもう1つのマイナスの特徴は、挿し木による不十分な繁殖です。

品種特性

ハイブリッドブドウ品種は、親ペアの各品種の特徴を部分的に共有しています。苗を選ぶときは、まず植物の特徴をよく理解しておくことをお勧めします。

高利回り

良好な気候、感染のないこと、適切なケアが提供されれば、茂みは一貫して高い収量をもたらします。各房は15-18gの重さの多くの大きなベリーを育てます。

耐霜性

植物は、結果なしに最大-23度の温度低下に耐えることができます。低温の場合、植物を保護するためにカバー材が必要です。

病気と害虫抵抗性

バラエティ大アントニオスは、いくつかの例外を除いて、一般的な病気や有害な昆虫に対して高い耐性を持っています。

べと病の発生を防ぐために、保護剤で緑地を絶えず処理する必要があります。

ベリーの説明

葡萄は大きいです。 1つのベリーの平均サイズは30x 25mmです。果実の形は丸く、色は白または黄色で、完熟すると琥珀色に変わります。ベリーの中には2〜3個の種があります。

味わいの質

果肉は中密度で、肉厚でジューシーです。肌は柔らかくて美味しいです。香りは豊かで調和が取れており、ナツメグが優勢です。糖の蓄積率が高いです。

高いビタミン含有量

大アントニオスのベリーには、カテゴリーA、B、C、E、PPのビタミン、およびその他の有用な成分が豊富に含まれています。その貴重なビタミン組成のために、果物は心臓血管系と胃腸管の機能に有益な効果があります。

苗を植える

苗木がしっかりと根を下ろし、将来的に一貫して大量の収穫をもたらすためには、植えるときにいくつかのニュアンスを観察することが重要です。準備作業を行い、健康な苗と適切な場所を選び、その場所を処理し、植物を適切に地面に置く必要があります。

土地の準備

植え付け前の作業の主な段階は、サイトの選択と処理です。ブドウの栽培に適しているのは、平野または丘陵地にある恒久的に太陽に照らされたエリアです。

近隣の植物に注意を払う

特定の植物がブドウに近接していると、効果が異なります。苗木の成長は、ノコギリソウ、パセリ、セージ、キンセンカのある地域によって悪影響を受けています。スイバ、ディル、イチゴはブドウの木に有益な効果をもたらします。 植物の正しい近隣を守ることで、低木の集中的な成長と安定した結実が保証されます。

マークアップ

領土をマークするとき、茂みを植える場所が決定されます。根の自由な発達のために、茂みの間の距離は少なくとも1mでなければなりません。列の最適な間隔は1.5-2mです。

土の準備

ブドウの植え付けが計画されている地域では、最初にがれき、雑草、植物のがれきが取り除かれます。地球の表面は腐った肥料の層で覆われ、60-80cmの深さまで掘られました。

苗の選択

苗木を選ぶときは、慎重に調べて欠陥を特定することをお勧めします。苗木は病気や害虫の被害の兆候を示さないはずです。健康な苗の根は軽くて手触りがしっかりしています。

いつ植えるのか

ブドウの植え付けは春または秋に許可されています。 4月中旬から5月中旬にかけて、一年生の苗木が植えられ、7月上旬までは若い栄養生苗が植えられます。秋の植栽は、10月上旬から土壌が凍結するまで行われます。

シーケンス

植栽プロセスには、順次アクションの実行が含まれます。まず、トップドレッシングを適用するための穴を掘ります。次に、苗を穴に入れ、土を振りかけます。茂みの周りの土壌は、圧縮のために少量の水で水をまきます。

農業技術の仕事

ブドウの木の発達と収量の増加は、適切なケアによって促進されます。大アントニオスを栽培するときは、標準的な農業技術に従うだけで十分です。

茂みの剪定と成形

装飾的な外観を与え、古い枝や葉を取り除くために、剪定が行われます。茂みは早春または初秋に形成する必要があります。

水やり

地球が乾くと苗に水をやります。正確な水やりの量は、気候条件によって異なります。原則として、シーズン中に茂みを2〜3回湿らせるだけで十分です。

肥料

ブドウの栽培には、リン、カリウム、窒素を多く含む複雑な肥料の導入が必要です。春先と収穫の3〜4週間前に茂みを肥やすのに十分です。

病気の保護

病気による植物への被害の兆候を発見したので、殺菌剤による処理を行う必要があります。大アントニオスはべと病にかかりやすいので、予防策として定期的に茂みを扱うことをお勧めします。

害虫駆除

殺虫剤は、ブドウの葉や果実をかじる有害な昆虫を破壊するために使用されます。一部の製剤には有害な成分が含まれているため、茂みに散布するときは、クラスターとの接触を避ける必要があります。

成熟

大アントニオスのベリーは、開花が始まってから135〜140日後に熟し始めます。熟した果実は豊かな琥珀色を獲得します。

結実

ほとんどの場合、ブドウは植えてから3〜4年後に実を結び始めます。茂みの発達を加速するためには、好ましい気候条件、注意深い世話、そして植物の施肥が必要です。

冬前の準備作業

最初の霜の前夜には、茂みを覆い材で保護することをお勧めします。保護の存在は、最適な温度を確保し、植物の死を防ぎます。

収穫

ブドウの収穫は、新鮮な消費や加工に適しています。果実の味が失われないように、正しく集めて保管規則に従うことが重要です。

コレクション

熟した果実の束は、庭ばさみや剪定ばさみで慎重にカットされます。ブドウの木に損傷を与える可能性があるため、房を摘むことはお勧めしません。

保管と輸送

収穫した作物は冷蔵庫または冷暗所に保管してください。ブドウを輸送する必要がある場合は、木箱に束を1〜2層に並べれば十分です。


ビデオを見る: ぶどうの作業シャインマスカットの芽かき作業いらない芽は取り除きましょう (10月 2022).