助言

ピエトレン豚の品種の説明と特徴、維持と繁殖

ピエトレン豚の品種の説明と特徴、維持と繁殖


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ベーコン方向のピエトレンのヨーロッパ種の豚は世界中で人気があります。ピエトレンの肉の品質は高く、ベーコンは食事と見なされます。この品種の代表者が拘留の条件を要求しているという事実にもかかわらず、彼らは我が国の私有農場で飼育され、子豚は繁殖のために飼育され、家畜の遺伝子プールを改善します。ヨーロッパの品種は、工業用肉の生産にも適しています。

ちょっとした歴史

貴重な品種の祖先はベルギーのブタであり、ラージホワイト、バークシャー、ヨークシャーの種と交配されました。このイベントは20世紀の初めに行われました。ピエトレンはドイツで特に尊敬されました。ここでは、これらの豚は脂肪の細い静脈を備えた高品質のベーコンで高く評価されています。

ロシアでは、気候、手入れ、飼育条件が厳しいため、この品種はあまり人気がありません。ピエトレンは、原則として、主な家畜の遺伝子プールを改善するために飼育されています。この品種は、ロシア連邦の国家登録簿には含まれていません。

豚ピエトレンの説明と特徴

ピエトレン豚のベーコン方向の代表者は、遺伝的に太りすぎの素因はありません。ヨーロッパの豚の平均体重は240キログラムで、骨格と骨はかなり軽いです。外観:

  • 頭は小さく、鼻は短い。
  • 体は円筒形で、よく発達した筋肉と広い仙骨があります。
  • 枯れた高さ-80センチ。
  • 皮膚の色は白で、背中と頭に灰色と黒の斑点があることは許容されます。
  • 耳は小さくて直立しています。
  • 腹はたるんでおらず、発達が遅れており、豚は隠れているように見えます。
  • 足が短いです。
  • バネの形をした尾。

品種の生産的特徴:

  • よく発達したハム。
  • 枝肉からの肉の収量は85%です。
  • 平均繁殖力-9-10子豚。
  • 若い動物の1日の平均増加量は550グラムです。
  • 皮下脂肪の厚さは10ミリメートル以下です。

メモについて。男性は強い性的本能によって区別されるため、イノシシは脂っこい肉脂っぽい方向の豚との近親交配によく使用されます。

ピエトレンの気質に関しては、これらの豚は平和であると考えられており、攻撃性を示すことはめったになく、他のペットとの共同飼育に適しています。

品種の長所と短所

ヨーロッパの品種の主な利点は次のとおりです。

  • 高品質の肉、低脂肪含有量。
  • 死骸からの肉の収量は80%以上で、ハムの平均体重は12キログラムです。
  • 若い動物を含む強い免疫。
  • ピエトレンのイノシシは最高の生産者です。

品種のマイナス面:

  • 順応性が低く、新しい条件や拘禁地域への適応。
  • 乳白色が弱く、子豚は生後最初の日から補完的な餌を必要とします。
  • 体脂肪の薄い層は、豚を風邪やドラフトの影響を受けやすくします。
  • 特定の食事、ビタミンサプリメント、高カロリー食品が必要です。

ピエトレンは断熱された清潔な豚舎に保管する必要があります。ヨーロッパの豚の肉は食餌性であり、製品の高品質は、動物用に適切に選択された飼料と拘留条件の順守によってのみ達成できます。

拘禁の条件

最小限の脂肪蓄積に対するピエトレンの遺伝的素因は、これらの生産的な動物の維持と食事の特徴を決定します。豚の世話の特徴:

  • 換気と照明が良好な暖かい納屋で、ドラフトは許可されていません。
  • 清潔な寝具。
  • 飲料水への恒久的なアクセス。
  • 暖かい季節の動物の散歩エリアでは、太陽光線からキャノピーを備えた豚のレクリエーションエリアを作成する必要があります。
  • 家畜の定期的な駆虫、予防接種。
  • 豚に十分な給餌スペースを提供します。

動物の拘留条件や歩行場所を変更することはお勧めできません。Pietrensは環境の変化とそれに伴うストレスを許容しません。

何を養う?

肉用豚には高カロリーの栄養とビタミンサプリメントが必要です。同時に、覚醒剤の使用はお勧めできません。そのような薬剤はベーコンの味と品質を悪化させ、肉は酸化して砕けやすくなります。ヨーロッパの品種の食事の基本はタンパク質と消化しやすい炭水化物でなければならず、ピエトレンの代謝は速いです。食事には次の食品が含まれる場合があります。

  • 食肉および乳製品産業からの廃棄物。
  • 茹でたジャガイモと細かく刻んだ野菜。
  • マメ科植物とシリアル、野菜。

生まれた子豚はすぐに補完的な餌を必要とします。生後2日目から、赤ちゃんにはヨーグルトと全乳が与えられます。

動物の食事には、チョーク、リン、塩、魚粉、魚油などのミネラルだけでなく、ビタミンも加える必要があります。

大量の穀物飼料がピエトレンの食事に入ると、1日の平均増加量は急激に減少し、トウモロコシ、大麦、オーツ麦は背景に消えていきます。多くの農家は、若い動物の成長刺激剤としてアスピリンを使用しています。

繁殖規則

ピエトレンのオスは生後8か月までに性的に成熟し、メスは6か月までに性的に成熟します。最高の繁殖年齢は11〜12ヶ月です。繁殖規則:

  • ピエトレンをその品種の代表者、およびランドレース、デュロック、ホオジロザメと交配することをお勧めします。
  • 動物にバランスの取れた食事と飲料水を提供します。
  • 分娩後、雌とその子は別の豚舎に入れられます。
  • 子豚に生後1日から補完的な餌を与えます。

ほとんどの場合、ピエトレン種の男性生産者は、主な品種の肉の品質を向上させるために私たちの国で購入されます。この品種のイノシシは、顕著な性的本能を持っています。

病気と戦う

本質的に、ヨーロッパのピエトレン品種の代表は、特にサイクロウイルス感染に対する持続的な免疫に恵まれています。しかし、この肯定的な品質は、ワクチン接種や部族の計画的な駆虫を拒否できることを意味するものではありません。病気の発症の主な要因は次のとおりです。

  • 移動、食事の変更、または拘禁状態に関連する動物のストレス。
  • ドラフト、豚舎の過剰な水分。
  • 汚れた、湿った寝具。
  • 動物が飼育されている部屋の換気の欠如。
  • 主な人口の間での感染の発生。
  • 誤って選択された食事。

家畜は病気の兆候がないか定期的に検査する必要があります。食欲不振、やる気のない攻撃性、ゆるい便、膨満感、目からの流れ、体温の上昇が、獣医師による動物の検査の理由です。

豚の病気の予防策:

  • 定期予防接種。
  • 免疫。
  • バランスの取れた食事。
  • 敷地内の定期的な消毒。
  • 病気の兆候がある動物のための検疫ゾーンの作成。

ピエトレン豚は肺炎や胃腸障害にかかりやすいです。動物用の製品の選択は慎重に検討する必要があります。豚はしばしば中毒に苦しみ、特に洗っていない汚れた果物や野菜に苦しんでいます。ピエトレン豚を飼育する場合、拘禁状態を急激に変えたり、食餌を変えたり、動物を新しい場所に輸送したりすることはお勧めできません。ストレスは病気の発症や動物の健康状態の悪化の主な要因です。


ビデオを見る: パルシステムの日本型畜産豚編 (かもしれません 2022).