助言

アヒルの子が頻繁に呼吸し、くしゃみをしてくちばしと治療方法を開く理由

アヒルの子が頻繁に呼吸し、くしゃみをしてくちばしと治療方法を開く理由


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アヒルはかなり人気のある家禽です。感染症の発生を防ぐために、鶏舎を清潔に保ち、定期的な消毒を行い、ひよこの混雑をなくす必要があります。多くの農民が質問をします:なぜアヒルの子は常にくちばしを開いて頻繁に呼吸するのですか?このような症状は、感染を意味する場合があります。正しい診断を下し、時間通りに治療を開始することが重要です。

なぜアヒルの子はくちばしを開いてくしゃみをするのですか?

咳やくしゃみはさまざまな病気の症状である可能性があります。危険は感染症によって表されます。コレラの特徴的な症状は、下痢、食事の拒否、咳やくしゃみ、激しい喉の渇きです。ゴスリングはまた、ウイルス性肝炎に感染したときにくしゃみをしてくちばしを開いたままにします。感染の兆候:呼吸困難、喘鳴、けいれん。拘留の不適切な状態は、ヒヨコの低体温症(ドラフト、湿気)を引き起こし、上気道に損傷を与えます。

時々ひよこは食べられないアイテムを飲み込みます。くちばしからの粘液は、ゴスリングが窒息した兆候である場合があります。この場合、ひよこを調べて異物を取り除く必要があります。

治療法

最初の症状が現れたら、正しい診断を確立し、タイムリーに治療法を決定することが重要です。感染症は抗生物質で治療されます。薬は即効性で服用され、長期投与を必要としません。 抗生物質が免疫系を弱めるのを防ぐために、抗菌剤と抗ウイルス剤が鳥に追加で処方されます(エアロゾル、飲料水に追加されます)。

問題を回避するためにあなたがする必要があること

アヒルはほとんどすべての家庭で飼われています。家禽が感染症に感染すると、家畜に深刻な被害をもたらします。

したがって、病気の発生と蔓延を防ぐのは簡単です。

  • 家は定期的に掃除され、消毒されています。
  • 給餌器と飲酒者を清潔に保ちます。
  • アヒルの子にはバランスの取れた食事が選ばれます。
  • 質の悪い飼料や異物がフィーダーに入らないようにしてください。
  • 過マンガン酸カリウムの弱い溶液が飲料水に加えられることがあります。
  • 必要に応じて予防接種をしてください。

病気のひよこはすぐに隔離され、治療されます。病気のアヒルの子が成鳥に感染することは許されるべきではありません。

専門家の意見

ザレチニマキシムヴァレリーヴィッチ

12年の経験を持つ農学者。私たちの最高の夏の別荘の専門家。

アヒルの子が健康で完全に成長するためには、鳥にとって適切な条件、完全な食餌を作り出すことが重要です。

感染症の予防、適時の治療開始はアヒルの子の損失を減らします。


ビデオを見る: マメルリハ激おこいつもより二時間遅く帰った時のインコの反応 (十一月 2022).