助言

除草剤エルメスの使用説明書、安全対策および類似体

除草剤エルメスの使用説明書、安全対策および類似体



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

除草剤エルメスの使用は、雑草に対処し、作物の栽培で優れた結果を達成するのに役立ちます。この製品には一度に2つの有効成分が含まれているため、雑草をすばやく破壊することができます。必要な結果を得るには、物質の使用説明書を厳守する価値があります。安全規則の順守は、それほど重要ではありません。

アクティブコンポーネントとリリースの形式

薬は油分散液の形で製造されます。これは、有効成分が担体に均一に分布していることを意味します。その役割は植物油によって果たされます。この形式のリリースには多くの利点があります。油は水で洗い流すのが難しい。したがって、薬剤は沈殿後も植物に残ります。

さらに、油は葉の表面を簡単に溶かします。葉の表面はワックス状のコーティングで覆われていることがよくあります。これにより、有効成分が雑草植物の構造にすばやく入ります。

水に溶けない活性成分は沈殿しませんが、微細な分散状態にあります。したがって、一貫性は均一です。サイト全体に効果があります。

エルメスの主成分はイマザモックスとキザロホップ-P-エチルです。 1リットルの物質には、38グラムの第1成分と50グラムの第2成分が含まれています。

どの作物に適し、どの雑草に対して効果的か

この薬は、雑草から作物を保護するのに役立ちます。このツールは、そのような作物を保護するのに最も効果的です。

  • ひまわり;
  • ヒヨコマメ;
  • 大豆;
  • 豆。

製品に含まれる2つの有効成分の組み合わせにより、さまざまな雑草に対応できます。その助けを借りて、そのような雑草を破壊することが可能です:

  • アムブロシアー;
  • アザミをまく;
  • 忍び寄るウィートグラス;
  • チキンキビ;
  • ブルーグラス;
  • フィールドワイヤー;
  • スパージ;
  • キノア。

これは、薬が効果的である雑草の完全なリストではありません。

このツールには普遍的なアクションがあり、多くの寄生虫に対処するのに役立ちます。

これとは別に、あらゆる種類のハマウツボとの戦いにおける治療法の有効性について言及する価値があります。ラテン語では、この植物はオロバンシュのように聞こえます。 雑草はヒマワリの真の敵と見なされており、その発達に深刻な問題を引き起こします。 人々はこの草をこまと呼びます。

救済策はどのように機能しますか

ハーブの葉と根はイマザモックスを吸収します。この物質は、多くのアミノ酸の生成を阻害します。また、草はヒザロホップ-P-エチルを吸収し、それを枝や根の成長点に移します。コンポーネントは脂質生産の違反を引き起こします。これは雑草の死につながります。

薬の長所と短所

このツールにはいくつかの利点があります。

  • ハイパフォーマンス;
  • 耐湿性;
  • 現代の形;
  • 雑草の成長期のすべての段階で使用する可能性;
  • 抵抗の発達の欠如。

薬の主な欠点は植物毒性です。不利な条件で加工を行うと、葉がわずかに変色する恐れがあります。この現象は一時的なものです。それはすぐに通過し、植物の発達とその生産性のパラメーターに悪影響を及ぼしません。

消費率

使用される薬剤の量は、処理される予定の培養物によって異なります。

  • ヒマワリ-1ヘクタールの植栽には0.9〜1リットルの資金が必要です。
  • エンドウ豆-1ヘクタールあたり0.7〜0.9リットルの物質が使用されます。
  • 大豆とひよこ豆-除草剤の量は1ヘクタールあたり0.7-1リットルです。

すべての種類の作物の作業ソリューションのコストは、1ヘクタールの植栽あたり200〜300リットルです。

作業溶液の準備

組成物による処理を実施するために、使用前に作業溶液を行う必要があります。このため、油分散液は水と混合する必要があります。これを行うには、次のアクションを実行します。

  1. まず、きれいな水を噴霧器に注ぎ、除草剤を注意深く加えます。常に組成物をかき混ぜることをお勧めします。
  2. 薬の入った容器が空になったら、少量の水を注ぎ、よく混ぜます。これにより、製品の残骸を壁から洗い流すことが可能になります。
  3. この手順は数回実行する必要があります。これにより、最大限の使用が可能になります。

除草剤の量は説明書に記載されています。それはあなたが栽培する予定の作物に依存します。

植物の扱い方

物質の使用において良好な結果を達成するために、使用説明書に厳密に従わなければなりません。エルメスによる治療は、季節ごとに1回行われます。これは、雑草の発生の初期段階で植栽を噴霧することによって行われます。

通常、双子葉植物が1〜3枚の本葉を形成した瞬間を選択することをお勧めします。ひまわりをスプレーするときは、4枚の葉ができるのを待つことができます。

衝撃率と保護作用の期間

メーカーの情報によると、製品の作用は治療の1週間後に始まります。 15日目かそれより少し後、雑草の発生が止まります。 1.5ヶ月後、植物は完全に死にます。

除草剤の最大の効果は+ 25-35度の温度で発生することに留意する必要があります。この場合、湿度パラメータは40〜100%である必要があります。これらの条件が満たされない場合、薬は2ヶ月後に有効になります。唯一の例外はひまわりの処理です。効果は52日後に達成されます。

安全工学

除草剤を使用するときは、基本的な安全規則に従う価値があります。

  • 個人用保護具を使用する。
  • 朝または夕方に植栽を処理します。
  • 乾燥した穏やかな天候で植物にスプレーします。
  • 薬の適用と投与量の規則に厳密に従ってください。

輪作の制限

このツールは、輪作の最小要件を提示します。しかし、それらはまだ存在しています。治療法はビートにとって最も危険です。エルメスを植えてからわずか16か月後にこの場所に植えることができます。

野菜は、物質の適用後10ヶ月で植えることができます。

穀物、大豆、エンドウ豆の植え付けについては、4ヶ月間耐えることができます。エルメスはマメ科植物に悪影響を及ぼしません。薬に耐性のある植物品種はいつでも植えることができます。他の種類の作物は、1年後にのみ植えられます。

除草剤の毒性

この薬は栽培植物に悪影響を与えることはほとんどありません。これは、選択的効果の存在によるものです。

除草剤の影響や悪天候下で観察される植物への高い負荷により、発育の鈍化が観察されます。葉に光点ができるリスクもあります。通常の天候が回復すると、植物の状態は短時間で通常に戻ります。

化学物質の分類によると、すべての薬物は4つの危険有害性クラスに分類されます。それらは降順で配置されます。 4つ目は最も害が少ないと見なされ、1つ目は最も危険であると見なされます。エルメスは3番目のクラスに属しています。

他の薬との互換性

製品は他の物質とよく結合します。殺菌剤との併用は可能です。殺虫剤との同時使用も可能です。

悪影響を排除するために、他の薬剤と物質を使用する前にそれらの適合性を確認することをお勧めします。エルメスをジクロルボス、マラチオン、ダイアジノンなどの薬物と組み合わせないでください。また、クロロフォス、チオフォス、ジメトエートと組み合わせることをお勧めします。クロルピリホスとの同時使用は望ましくありません。

資金の保管条件と条件

お子様の手の届かないところに保管することをお勧めします。温度範囲は-10〜 +35度です。これらの条件が満たされている場合、薬剤の貯蔵寿命は製造日から2年です。使用前によく混ぜることをお勧めします。

類似物はありますか?

この物質の主な類似物は、Eurolightingという薬です。

除草剤エルメスは非常に効果的で、さまざまな植物の治療に積極的に使用されています。物質の使用を成功させるには、指示に厳密に従う必要があります。製品の安全な使用のための推奨事項の実装は、少なからず重要です。


ビデオを見る: 芝生除草剤4種を混ぜたらシバゲンを遥かに超えた最強の除草剤の混ぜ合わせ方法 (八月 2022).