説明書

妊娠中のリンゴ:食事に果物を含める方法

妊娠中のリンゴ:食事に果物を含める方法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

リンゴは、かなりの量の栄養素の供給源と長い間考えられてきました。それらはビタミンだけでなく、身体にとってそれほど重要ではない微量元素も含んでいます。リンゴは一般的で手頃な価格の植物製品であり、年間を通じて栄養素に対する身体のニーズを満たす機会を与えます。

一般的な情報

妊娠が始まると、女性の習慣的な生活と幸福が変化します。これは食事の好みにも当てはまります。一般的な信念に反して、すべての妊婦が塩辛い食べ物を好む傾向があるわけではありません。体の利益のためにこの期間中に自分をどのように治療しますか?

ほとんどすべての果物と野菜は妊娠中に役立ちます。ただし、使用中の測定値を観察するだけでなく、その機能も知っておく必要があります。これは、リンゴのような我が国で人気のある果物にも関係しています。

リンゴの利点

リンゴの次の特性は、妊婦と発達中の胎児の体に有益です:

  • ビタミンAの存在、代謝プロセスの安定化。このビタミンは、骨と歯の形成を活性化し、細胞分裂に有益な効果をもたらし、体の老化を遅らせ、免疫力を高めます。
  • 体内に蓄積する能力がなく、妊娠中に特に重要なビタミンB1の存在。
  • 過剰な興奮や神経衰弱を防ぐビタミンB12が豊富。
  • 血管に良い影響を与え、頭痛の解消に寄与するビタミンB3およびPPの存在。
  • 妊娠中の女性だけでなく、赤ちゃんの免疫力を高めるために必要なビタミンCの高含有量。

リンゴの治癒特性

さらに、妊娠中にリンゴを食べることで、子供の喘息のリスクと心血管系の病気を最小限に抑えることができます。リンゴにはかなりの量のフラボノイドが含まれており、湿疹のリスクを減らします。

リンゴの組成には、妊婦の体が完全に機能するために必要な微量元素、カリウム、リン、カルシウム、マグネシウム、マンガン、鉄、硫黄が含まれています。この果物のかなり多くを含む繊維は、代謝プロセスを改善するのに役立ち、ペクチンは、ほとんどの蓄積された有毒物質と毒素の体の浄化に直接関与しています。 リンゴは低グリセミック指数が特徴で、 そして、それらが消費されると、血糖値の急激な増加ではなくゆっくりと増加します。

最大の利点は、地元の果樹園で栽培された国産リンゴを持ち込むことができることです。原則として、輸送を改善するために輸入された果物は、ワックスベースの保護層で覆われています。そのような処理は、リンゴをより健康にしませんし、健康に悪影響を与える可能性があります。

リンゴの化学組成と栄養価

それは秘密ではありません リンゴは、健康的で栄養価の高い食材の貯蔵庫です。 これらのユニークな果物の栄養価とその化学組成は、表のデータを調べることで推定できます。

健康に良いリンゴ

赤いリンゴ

一般的に、赤いリンゴは、有用な特性の点で、緑のリンゴよりもはるかに劣っています。ただし、糖度が高いのは赤いリンゴで、妊娠中の母親にとっては炭水化物の追加源です。これらの果物は妊娠中の急激な体重増加中に注意して消費されるべきであることを覚えておく価値があります。

赤いリンゴの皮に含まれるかなりの量の酸は、エナメル質に破壊的な影響を及ぼします。これは、妊娠中だけでなく、あまり有用ではありません。赤いリンゴを食べたい場合は、最初に皮をむくことをお勧めします。

最も有用な赤いリンゴは、メルバ、マッキントッシュ、スパルタク、リチャードです。 果物100グラムに対して、炭水化物10グラム、タンパク質0.43グラム、脂肪0.38グラムがあります。

青リンゴ

妊娠中のアレルギーがなくても、この病気は赤ちゃんに現れます。 このため、低アレルギー性の緑の皮のリンゴを食べることをお勧めします。最近、医師は、母親が妊娠中に青リンゴを消費したときに、喘息やその他の呼吸器系の問題のリスクが減少することを証明する研究を実施しました。

最も有用な青リンゴには、クツゾベット、アントノフカ、グラニースミスなどがあります。果物100グラムの場合、8.8グラムの炭水化物、0.3グラムのタンパク質、および同量の脂肪があります。

妊娠中のアップルダイエット

リンゴダイエットは医師によって処方され、妊娠のどの月でも体重が急激に増加します。そのような食事は厳格であるか、別の絶食日を必要とする場合があります。

体重がわずかに増えれば、毎週空腹日をリンゴの食事にアレンジできます。この日、妊婦は約1キログラムのリンゴを食べなければなりません。果物は5人前に分けなければなりません。新鮮なリンゴの最初のサービングは朝食として機能します。昼食用の2番目の部分は、粗いおろし器でおろし、植物油5グラムを補充する必要があります。 3番目の部分は、皮をむいたセロリの根と新鮮なパセリの葉を加えたサラダの形で昼食に使用されます。アフタヌーンティーの場合は、新鮮な果物や絞ったリンゴジュースを食べることを計画する必要があります。夕食は、乾燥したアプリコットとプルーンを加えたマッシュドリンゴになります。

体重が大幅に増加すると、そのような断食日数は2倍になります。いずれにせよ、リンゴダイエットに着手する前に、妊娠中の医師に相談する必要があります。

また、亜麻仁油と種子がどのように役立つかを知ることもできます。

専門家の意見

栄養士は、妊娠中の女性が浸したリンゴを少量食べることをしばしば勧めます。 このようなリンゴは妊娠のこの段階で中毒症の症状を軽減する能力があるため、妊娠初期のこのようなアドバイスは特に重要です。果実の酸味は吐き気の発作を克服するのに役立ち、食欲をよく刺激します。妊娠後期には、浮腫の外観を誘発しないように、浸したリンゴの使用を制限する必要があります。

妊娠中の食べ方

専門家は、妊娠中はあらゆる種類の料理をリンゴで調理することが非常に有用であることを認めています。果物は、おridgeやカッテージチーズだけでなく、焼いた形で消費することもできます。適切に調理された焼きリンゴは、すべての有益な特性を保持し、健康に劣るデザートの優れた代替品になります。