ヒント

ジャガイモ「ピカソ」:高収量のオランダ品種

ジャガイモ「ピカソ」:高収量のオランダ品種


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

植え付け後のミディアムレイトポテト「ピカソ」は、125〜140日目に収穫をもたらします。この品種は、有名なオランダのブリーダーによって飼育されています。品種とその定性的特徴の説明により、個人的な区画で庭師を育てるだけでなく、産業規模でも育てることができます。

この品種は、1995年にロシア連邦の州の品種登録簿に含まれていました。発信者はAGRICO U.Aです。ロシアでは、この品種は20年弱の間栽培されており、前向きに定着しています。

グレードの説明

ピカソポテトブッシュは直立しており、比較的背が高くなっています。花の泡立て器は白です。塊茎は丸い楕円形で、黄色で、小さなピンク色の目をしています。塊茎の質量は平均125 gで、果肉はクリームベージュ色で、澱粉8〜14%を含んでいます。

品種は晩熟、テーブル使用です。実生から技術的な成熟までの期間は、120から130日までさまざまです。味は良く、5段階で5の評価を得ました。商用品質は非常に高いです。 総収量は1平方メートルあたり4 kgに達します 70 x 35 cmの植え付けパターンで、農業技術を観察します。

品種は実際に癌の影響を受けず、線虫抵抗性があります。葉とかさぶたのねじれに対する中程度の抵抗性が特徴ですが、疫病に弱いです。

長所と短所

ポテト「ピカソ」には次の利点があります。

  • 顕著なポテトの香りと優れた味。
  • 塊茎には優れた消化性があります。
  • 品種はウイルスや多くの病気に耐性があります。
  • ジャガイモの植え付けは、温度変化に容易に耐えます。
  • 種子材料は、我が国のさまざまな気候条件で高い生存率を示しています。
  • この品種は長期保存を目的としています。保管中のジャガイモ塊茎の損失は、10〜12%を超えません。
  • 作物は長距離に簡単に輸送を転送します。

この品種の非常に重要な利点は、低温インジケータ、干ばつ、および湿度の増加に対する悪影響がないことです。

着陸の日付と特徴

ジャガイモ「ピカソ」は、中央および中央ブラックアース地域に区分されています。しかし、この品種の特徴は、ジャガイモ栽培のほぼすべての地域で十分に高品質で高収量が形成されることです。 着陸するときは、基本的なルールに従う必要があります。

  • 植える1か月半前に、種子を入手し、植える適性の視覚的評価を行い、12-15°C以下の温度で発芽することを目的として明るい場所に置きます。
  • 播種の直前に、塊茎のジルコンまたはエピンによる刺激治療を実施する必要があります。
  • トマト、ピーマン、ナス、ジャガイモの栽培に前のシーズンに使用された地域に植えることはできません。
  • 準備されたジャガイモの塊茎は、土壌の水分を維持しながら春に植える必要があります。着陸の深さは、土壌の組成に大きく依存します。密度が高く重い土壌では、植栽材料の浸透は最小限に抑える必要があります。

ケアルール

ジャガイモ「ピカソ」は、高品質の作物を形成することにより適切な手入れに対応します。 標準ケア規則:

  • 大量の苗が出現し、その高さが5〜7 cmになると、最初のヒリングと除草が行われます。
  • ジャガイモのトップの2回目の山積みは、植物に花芽が現れた後、大量開花の約1週間半前に行う必要があります。
  • 疫病に対する最初の予防的治療は、出芽後15〜20日で行われるべきです。
  • ジャガイモにカリ肥料を与えることにより、葉での青銅の発生を止めることが推奨されます。
  • 長時間の雨がまったくない場合、10日間の間隔で植物を灌漑する必要があり、その量は気温と土壌からの水分蒸発の指標に依存します。

ジャガイモを収穫できる主な兆候は、ジャガイモのトップの黄変と乾燥です。苗の出現からこの種のジャガイモの頂点の完全な死までには、約150日かかります。

レビュー庭師

ジャガイモ「ピカソ」は、経験豊富なジャガイモ栽培者とアマチュア庭師の両方からの多くの肯定的なレビューによって区別されます。この品種のジャガイモは、魅力的な外観を持ち、生育期を通じて高温の空気や土壌に簡単に耐え、よく保存されます。調理するとき、ジャガイモはゆでられず、ほとんどすべての料理を調理するのに適しています。

ジャガイモの栽培方法

ピカソ品種のジャガイモを栽培する場合、特殊性を考慮する必要があります-品種には優れた土壌肥料が必要です。肥料が不足すると、ジャガイモの味が著しく低下します。この品種は、ブリャンスク、ウラジミール、イヴァノヴォ、カルーガ、モスクワ、リャザン、スモレンスク、トゥーラ、ベルゴロド、ヴォロネジ、クルスク、リペツク、オリョール、タンボフ地域で栽培された場合に最高の収量を示します。