カテゴリ ヒント

キャベツ「Megaton f1」:品種の説明と栽培技術
ヒント

キャベツ「Megaton f1」:品種の説明と栽培技術

キャベツ「Megaton f1」は、オランダ産の中期後期の非常に生産性の高いハイブリッド型です。このハイブリッド形式のキャベツの創始者は、ベジョ・ザデンによって発表されました。品種の説明と特性品種の特性とその説明は、創始者によって与えられ、完全な発芽の出現の瞬間から135-170日でキャベツの頭の技術的な成熟の始まりを示唆します。

続きを読みます

ヒント

Veles grapeの特徴

種なしブドウの品種であるヴェレスは、多くの庭師に好評です。このハイブリッド形式は、品種の親ペアである「ソフィア」と「ラスボール」を交差させた結果、V.V。ザゴルコによって開発されました。品種の特徴説明と宣言された特性により、Velesのブドウを早熟の有望な品種に帰属させることができます。
続きを読みます
ヒント

高収量ジャガイモの栽培の特徴「ガラ」

ジャガイモ「ガラ」は、優れた味と豊かで非常に高品質の作物の形成を特徴とする初期の品種を指します。完全な作物の熟成には、塊茎を植えた瞬間から約75日かかります。これは、中央ロシアの気候条件でこの品種を栽培するのに最適な条件です。
続きを読みます
ヒント

ブドウ「パイナップル」:品種の説明と栽培規則

ブドウ「パイナップル」は、普遍的な目的の品種を指します。有名なイザベラ品種のこの標準的な苗木は、フェルディナンド・デ・レセップスのブドウのクローンです。選別の歴史パイナップルブドウは、人気品種のVitis ViniferaとVitis Labruskaの種間交配の結果として、アメリカのブリーダーによって得られました。
続きを読みます
ヒント

ジャガイモ「青いドナウ」:ライラックの皮の下の雪のように白い果肉

さまざまな国のほとんどの庭師は、ブルードナウポテトを有機農法の野菜作物として知っています。調理プロセス中、この品種の塊茎の皮は明るい紫色のままであるという事実にもかかわらず、ポテトの果肉は雪のように白い色をしています。品種の説明ジャガイモの品種であるブルードナウまたはブルードナウは、中期に生育する野菜作物です。
続きを読みます
ヒント

ティフィブドウ:品種の説明と栽培機能

ティフィグレープ、または「ティフィピンク」は、「ティフィキジル」、「ティフィスリー」、「トイピキジル」、「ギソリ」などの同義名で多くの人に知られています。品種「Typhi」ブドウの特性は、古代から人類に知られているテーブル品種です。アラブ人は7〜8世紀に中央アジアの領土に品種をもたらしました。
続きを読みます
ヒント

ブドウ「ヘリオス」:栽培技術と品種の特性

「ヘリオス」ブドウは、「アルカディア」などの悪名高いブドウ栽培者と「ファインド」と呼ばれるレーズンの交配の結果として得られた新しいハイブリッド型です。ハイブリッドフォームの作成者は、アマチュアブリーダーV.N. Krainovに属します。品種は「アルカディアピンク」としても知られています。
続きを読みます
ヒント

個人的な栽培のためのブドウ「ハロルド」のまともな雑種

ロシアのブドウ「ハロルド」がVNIIViVで選ばれました。 J.I.ポタペンコ交雑育種作業では、VostorgおよびArcadia品種の親系統、およびSummer Muscat品種が関与しました。ハイブリッドフォームの名前の作業バージョンは「IV-6-5-pc」です。バラエティー特性ハロルドハイブリッドフォームは、非常に早い熟成期間(95〜100日)を持つテーブルグレープカテゴリに属します。
続きを読みます
ヒント

アルメニアの奇跡のキュウリを育てる方法

アルメニアのキュウリは、ヘビのようなメロン、またはタラとして多くの人に知られています。植物はメロンの一種で、キュウリ属とカボチャ科、またはウリ科の代表です。キュウリアルメニアと呼ばれるラテン語で、庭師にはまだほとんど知られていないこのひょうたん文化は、非常にエキゾチックに見え、非常に珍しい味を持っています。
続きを読みます
ヒント

ジャガイモ「アービツキー」:大規模で生産性の高い品種

農業ウラル科学研究所の創始者のポテト「アービツキー」は、ロシア連邦のヴォルガ・ヴィャトカ州および西シベリア地域の州登録に含まれており、家庭栽培の有望な品種の1つです。実生から技術的な成熟までの期間は70-90日です。 SSEおよびVeloxとの作業の結果として得られた品種の状態テストは、2009年に開始されました。
続きを読みます
ヒント

ジャガイモ「インパラ」:品種の説明と成長のための推奨事項

オランダ産の完熟インパラテーブルポテトは、1シーズンに2回収穫することを目的としています。苗木から技術的な成熟までの期間が70〜75日であるという事実にもかかわらず、この品種は植え付け後1ヶ月半以内の消費に適しています。インパラポテトブッシュの生物学的特性は非常に高く、非常に密度が高く、葉が豊かです。
続きを読みます
ヒント

サンティーニ菊:ミニチュア太陽

菊-太陽のプロトタイプで、数世紀にわたって庭園を飾ります。花房の選択作業のおかげで、バスケットはさまざまな色を獲得しました:暗い、ほとんど黒い色合いから、白雪姫と明るい虹まで。自然界には約30種の菊がありますが、フローリストリーの分野で知られているサンティーニは、オランダの農学研究所で飼育された完全に人工の雑種です。
続きを読みます
ヒント

S. I. Krasokhinaのセレクションから最も人気のあるブドウ品種

スヴェトラーナ・イワノフナ・クラソヒナは、長年の経験を積んだ経験豊富なワイン生産者であるだけでなく、ほとんどのワイン生産者に知られているブリーダーだけでなく、承認者でもあります。農業科学の候補者、VNIIViV imの繁殖研究所の研究者。 Ya。I. Potapenko、S. I. Krasokhinaは現在、新しいブドウ品種の開発活動を続けています。
続きを読みます
ヒント

イザベラブドウ:信頼できるテーブルテクニカルグレード

イザベラのブドウは、自然そのものによって作られた数少ない天然の雑種の1つです。この種の果実は、有名な高品質のワインだけでなく、コンポートやジャムの原料として広く使用されています。選択の歴史Vitis labrusca種とVitis vinifera種に基づく天然の雑種は、北米で発見され、ソビエトを含む世界中の多くの国で非常に人気があります。連合。
続きを読みます
ヒント

きゅうりの定番品種「ネジンスキー」

キュウリ「ネジンスキー」は、「リトルロシア」という名前で多くの庭師に知られています。長い間、Nezhinきゅうりは名声の頂点にあり、ほぼどこでも栽培されていました。この品種は、ウクライナのニジン市のおかげでその名前を得ました。この古い品種は人気を失っておらず、現在広く栽培されています。
続きを読みます
ヒント

イチゴ「カマロサ」:最高の産業品種の一つ

カマロサは、カリフォルニアのブリーダーが入手した初期のアメリカのイチゴ品種で、20年以上にわたって庭師によって栽培されてきました。品種は温室での栽培に最適です。温帯の大陸性気候では、この品種は生産性が中程度の初期中期品種として定着しています。
続きを読みます
ヒント

ジャガイモ「ピカソ」:高収量のオランダ品種

植え付け後のミディアムレイトポテト「ピカソ」は、125〜140日目に収穫をもたらします。この品種は、有名なオランダのブリーダーによって飼育されています。品種とその定性的特徴の説明により、個人的な区画で庭師を育てるだけでなく、産業規模でも育てることができます。この品種は、1995年にロシア連邦の州の品種登録簿に含まれていました。
続きを読みます
ヒント

超人気のキュウリ「マリンダf1」

パルチノカルピックハイブリッドキュウリ「Marinda f1」は、露地および保護土壌での栽培を目的としており、ロシアおよびヨーロッパの野菜生産者の間で非常に人気があります。ハイブリッドの中でもこの名誉あるベテランは、15年以上にわたって需要があります。ハイブリッドの創始者はモンサントです。品種の説明中程度の早生の高収量の自家受粉ハイブリッド「Marinda-f1」は、家庭栽培にとって非常に魅力的です。
続きを読みます